ケフィアのコスト

「いいえケフィアです」という記事で紹介した、身体にイイ!美肌効果もある!と、良いことの多い健康食品のケフィア
新品価格
¥1,155から
(2012/11/7時点)

だが、実際に続けるのは意外に大変である。
我が家で比較的長いブームのケフィアだが、続けるにはそれなりの工夫が必要だと思う。
ケフィアのコスト比較
では、方法別にコストを比較してみることにしよう。
我が家は6人家族なので、それをベースに考えてみる。我が家では朝食の時にケフィアを飲むことが多い。ちなみに、価格はあくまでも参考なのであしからず。
カテゴリー
商品名
単価
消費1回辺りの価格
市販のヨーグルト
ブルガリア
150円
75円
顆粒状ケフィア
ホームメイドケフィア
1155円(10包)
58円
+75円(牛乳500ml)
サプリケフィア DHCケフィア 620円 31円×6=186円
カスピ海ヨーグルト フジッコカスピ海ヨーグルト 1000円(2包) 500円
+75円(牛乳500ml)
こんな感じだ。
えっと、一応補足しておくが、市販のヨーグルトは、大抵果物と一緒に頂く場合が多いので、例えばバナナを切ってヨーグルトをかけて食べる場合は、バナナ2本分が価格に追加される。
顆粒状ケフィアの場合は、1Lの牛乳パックでケフィアを作り、500mL程度にバナナ1本を加えてミキサーでジュースにして飲むので、その分価格が上がる。
ケフィアのサプリは、1袋40粒入りで1回2粒飲む計算だが6人居るので3.3日しか保たない。
カスピ海ヨーグルトは、フジッコカスピ海ヨーグルトに牛乳500ml、バナナ1本を加えたお値段となる。
市販のヨーグルトを毎日食べるのが一番コスト的にお安いことが分かって、大ショック(笑)

まあ、毎日同じメニューというわけにも行かないだろうし、ヨーグルト単体で食べるならともかく、果物のバリエーションによってはかなりコストアップの可能性はある。
一つのバリエーションとして考えるのが良いのかも知れない。
あと、大人が頂くならともかく、ケフィアのサプリは子供にはちょっと飲みにくいだろう。だから、コスト的にはそれ程高くないが、選択肢としては除外して良いかもしれない。

ランキングへの応援クリックよろしく!




このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に