PCのスピーカーについて

このスピーカーが気になる、3部作まで書いてきてなんだが、今回は、基本的なところに戻りたいと考えている。
そもそも、PCで音を鳴らす、ってのはどういう事なんだろうか?


パソコンで音を鳴らす
ミニコンポでCDを鳴らす場合と、PCから音を鳴らす場合と、何が違うのだろうか?
例えばCD-Rトレイに音楽用CDを入れて再生ボタンを押す、すると、曲が再生される。ミニコンポとやっていることは何ら変わらない。

では、何が違うか?というと、単純に専用化されているか否かというだけの話である。
PCの場合、CDから読み取ったデータを音楽を再生するソフトに渡し、データを元に音楽をスピーカーに渡すための電気信号に変換して音を出す。一応、専用のオンボードチップは用意されてはいるが、CPUが介入しているので、処理に余力のない場合には音飛びなんかが発生する結果になる。また、音を鳴らすまでの経路でノイズが乗りやすい環境でもあるので、音質も劣化することになる。
ミニコンポの場合には、似たようなプロセスで音を鳴らすが、音を鳴らすための回路は他の仕事をしない。だから、質の良い音を出すことにも繋がっていくのである。

無論、音を鳴らすためのスピーカーが、一番仕事をする訳で、ここに真っ先にお金をかけるべきだ。
だが、パソコンの場合はその他の部分にもお金をかける余地がある。

パソコンに手を入れる
パソコンで音を鳴らす場合にオンボードチップの性能で音が決まるのならば、解決する方法はチップの改善をすれば良い話になる。
その為の手段は2つほどある。

<ボードを追加する>

新品価格
¥7,980から
(2012/10/22時点)
一つ目に紹介する方法は、これだ。
パソコンにボードを追加することで、オンボードのチップではなくサウンドカードに搭載されたチップに仕事をさせることになる。更にサウンドカード周りには音を鳴らすのに特化したチューニングを施せるので、オンボードチップよりは良い音が出せる。
尤も、そもそもノートパソコンやPCIスロットの空きの無いパソコンではこの手段は使えない。

だが、PCIスロットに空きがあるならばサウンドカードを追加することで、多少なりともマシな音を出すことが可能となる。出力にSPDIFが用意されているのも嬉しい。
ただ、ゲームサウンドを云々、って話になってくると、ONNKYOのSE-90PCIなど選ぶ意味はない。Sound Blaster系の少々お値段が張る奴を買うべきだ。
新品価格
¥16,544から
(2012/10/22 14:18時点)
お金を溝に捨てる覚悟がなければ、Sound Blasterは5000円以下の安物に手を出すべきではない。それこそオンボードで十分である。

<USBで出力する>

新品価格
¥15,960から
(2012/10/22時点)
ONKYOの製品をわざわざ選んでくる事もなかったかもしれないが、USB接続で外部で音を鳴らす方法もある。
正直、アンプを用意するのとあまり変わらなくなってくるので、果たしてこれがよいかどうか?という話になってくると微妙なのだが、USB接続で音を改善できる手段としてはアリだと思う。サウンドボードを変えるより簡単だし、ノートパソコンにも使えるというメリットがある。

マザーボードを替える
上に挙げた2種類の方法、実はちょっと古い方法である。
音に拘り出すと、そもそもパソコンで音を鳴らすのが間違いだって話になって行ってしまうのである。パソコンの内部は色々な音に悪影響を及ぼすものがいっぱいある。つまり、音にノイズが乗りやすい環境にある。
その中で、サウンドカードにお金をかけた所で、一定以上の効果は望めない。

であれば、そもそもマザーボードを選ぶに当たって、SPDIF出力を持っているものをチョイスして、デジタルデータを外部に持ち出してやれば、パソコン由来のノイズから解放されることになる。
SPDIFというのは、正式にはS/PDIF(Sony Philips Digital InterFace)と書かれるデジタル転送規格で、音楽データをデジタル転送するのに光出力や同軸ケーブルなんかを使うというやつだ。

マザーボードにオンボードで音源チップが載っていても、アナログ出力するから色々問題が発生するのであって、デジタルで出力してしまえば多くのノイズ問題から解放されることになる。

或いは、環境が整っているのなら、Wi-FiでDLNA対応のホームシアターにデータだけ飛ばしてやって音を出す方法もある。

ただ、これら解決方法は、自作PCを使っているか、ミニタワー以上の大きなPCを使っている方に限られる手法なので、万人向けの対策というわけでもない。結局、お金をかけたくないと思ったら、スピーカーに手を出すか、あるいは少々お値段の高いヘッドフォンを買うのがベターって事にはなってくる。

まあ、自分のパソコン環境と目的に合わせたセレクトをするしかないって事だな。

ランキングへの応援クリックよろしく!
ソフマップ・ドットコム




このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に