このスピーカーが気になる その3

気になり出すと止まらないらしい。
本日は、気になっているこのスピーカーの紹介。
新品価格
¥7,713から
(2012/10/18 10:31時点)
FOSTEXといえば、バリバリの音響機器メーカーである。前回紹介したONKYOも社名の示す通り音響機器メーカーではあるが、ONKYOがPC関連にも力を注いでいるのに対し、FOSTEXはスピーカー重視の路線を採っている印象がある。
それだけに、その実力も気になるところ。
スピーカーとしての実力
スピーカーと言えばBOSEが有名ではあるが、BOSEの音色が重低音を協調するやや派手な印象の音づくりに対し、FOSTEXは地味で素直、という印象の音づくりをする印象がある。
Fostex PM0.3も、まさにそんな印象のスピーカーだそうで。
高温から低温まで自然な音の再現を目指している、というから、音質を気にするならば、ONKYOのGX-70HDOlasonicのTW-S5を選ぶよりも良いかもしれない。

気になる点
とはいえ、気になる点が無い訳でもない。
A1cEvLmb22L._AA1500_
これ、FOSTEX PM0.3の裏側なのだが、ボリュームが背面に!
ついでにヘッドホン出力用端子が見当たらないorz

ステレオミニプラグのインプットがINPUT Bとして装備されているのは、携帯プレイヤー接続用ってことらしい。

ううーん、ヘッドホン付けられないのは、ちょっとなー。
もちろん、ヘッドホンはPC側に繋げばイイ話ではあるんだけど、そうすると、排他的処理がなされるので、ヘッドホン接続しているときはスピーカーが鳴らないし、ヘッドホンをハズしたらスピーカーが鳴る、といった具合になってしまう。


PCを机の下に置いている身としては、PCの背面にしかステレオミニプラグの出力がないので、少々面倒な感じがする。

ボリュームが背面にあるのも、何かと操作性が悪いような気がする。オンオフをさせるのに、背面に手を回して操作する、というのは現実的ではないような……。

大きさは、130 x D185 x H200 mmとなっているので、GX-70HDと似たような大きさらしい。

ううーん、音は良いらしいんだが、個人的な使い勝手の部分を考えると、ちょっと……。

ランキングへの応援クリックよろしく!




このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に