2011年8月26日金曜日

水いぼを潰そう!

我が家の子供達も水いぼの洗礼を受けてしまった。

長女が水いぼになった時には根気よく潰していたのだけれど、なかなかピンセットで潰すのって根気が要る上に難しいのだ。

ひとまず、インターネット様にお伺いを立ててみる。

< 水いぼ >

伝染性軟属腫ウィルスによる感染でおこるイボの一種。

詳しい感染経路は不明だが、プールなどで肌と肌が接触して移ることが多い。ただし、感染力は弱い。

注: 学校保健法施行規則が一部改正され、「通常登園停止の措置は必要ないと考えられる伝染病」とされたのみならず、「原則としてプールを禁止する必要はない」ということが公に認められている。

□ 治療方法

○ 放置しても、次第に免疫が高まるので、1年以内に治る。ただし、皮膚を掻いたりすると次々うつるので、長引く可能性が指摘されている。

○ ピンセットなどで潰し、白い塊状の芯を取り除き、消毒する。確実性は高いが、痛みを伴うので、子供の治療には向かない。専用のピンセットも販売されている。

○ 漢方薬の「ヨクイニン」を服用する。即効性はなく、人によって効果が無い場合もある。

○ 患部にイソジンを塗る。人によって効果に差がある。

○ 患部にバージンオイルを塗る。(効果は噂の域を出ない)

○ 入浴時に浴槽に木酢液又は竹酢液を入れる。比較的長一両時間を要するが、手軽に出来る。

 

ピンセットで潰すのが一番手っ取り早いが、潰した時に汁が飛び散ると、余計に広がる結果になりかねないので、皮膚科に行って潰した方が良いかも?

お風呂に2~3滴混ぜるだけなので、簡単である。イソジンの場合もそうだが、要は殺菌をする、と言う点が重要なのだと、そう言う認識なのだろう。ただ、「単に殺菌」するだけで大丈夫か?という点は気になる。

つまるところ、自然に治癒力に任せて、増えない方に主眼を置く、と言うことだと思うので、治療と言えるかどうか?は難しい所。

 

こちらはヨクイニンというハトムギから抽出した成分を含む薬。飲むだけで治療できるところは魅力的だ。

0 件のコメント :

コメントを投稿