鉄のフライパンを使うぞ

鉄分の補給とかそんな話がわき上がってきた時期に色々画策したこともあるのだが、それ以前から鉄の料理道具には色々と手を出してきた。

 

……例えば、フライパンとかフライパンとかフライパンとか包丁とか包丁とか包丁である。

ま、そんな感じで今回はフライパンを紹介。

 

フライパンには幾つか種類があるのだが、今回紹介するのは重いタイプのフライパンである。

この岩鋳というメーカーのフライパンは、すんごーく重い。鋳造という製造方法でつくる南部鉄器性のフライパンであり、フライパンの蓋も鍋も肉厚で4mmもの厚みがある。お陰で重量は3.5Kg(本体/2.3Kg フタ/1.2Kg)と、料理するにも洗うにも苦労する重さである(苦笑

重くて分厚いフライパンはどういうメリットがあるのか?

この手のフライパンの代表選手と言えば、ダッチオーブン。

すなわち、フライパン自身に熱を溜め、全体的に温めるという用法に向いている。このため、得意料理は蒸し焼きや焼き肉といった系統で、ステーキ、焼肉、野菜炒め、餃子、ハンバーグ等が美味しく作れるということになる。

ただ、鍋を振り回すことは男性でも困難なので、使い方はちょっと考える必要があると思う。炒め物などにも使えるが、炒め物は丸底の中華鍋に譲りたいところ。

あと、鋳鉄で作られたフライパンで料理を作ると、良質の鉄分を採ることが出来るというメリットはあるので、貧血気味の方も是非お試しあれ。

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に