風邪が流行る季節に

小さなお子さんをお持ちの家庭では、風邪が流行ると家中に蔓延、なんてことも割とある。特に、幼稚園や保育園、小学校で流行ると、なかなかこれを防ぐのが難しいのが実情である。

手洗いうがい、の効果は疑問視されている部分もあるが、やらないよりは効果があるので、是非徹底して欲しいと思う。

 

でも、風邪を引いてしまったら、自分で鼻をかめない年齢だと色々と厄介なことも。

 

自分で鼻をかめない子供が鼻水を垂らしていたら、「ママ鼻水トッテ」といった商品を利用して、とにかく鼻水を吸い出してあげよう。

おとーさんの家では、これはかなり活躍している。

<構造>

構造は単純で、プラスチック製の透明な小さな瓶に2本のチューブが生えている構造で、片側のチューブの先端には口で吸う部品が、もう片方のチューブの先端には子供の鼻に突っ込むための部品が付いている。

一方のチューブを加えて息を吸うと、もう片方のチューブの先から鼻水を吸い出すことが出来て、吸い出した鼻水は小さな瓶の中に収まる、といった構造になっている。

まあ、写真を見て貰えば何となく分かると思うが。

 

<メリット>

メリットとしては、単純にティッシュで鼻を拭いたりするだけではとれない、鼻の奥の方にある鼻水もある程度吸い出せること。医学博士が参加して考えられた商品と言うことらしく、鼻の粘膜を傷つけたりということもない。

鼻水をズルズルさせている子供も、一時的にだが鼻が通るようになるので、有り難い。

ただ、鼻に突っ込む方の部品の先端を鼻の穴に突っ込んだ際に、もう一方のチューブを加えて息を吸いながら、鼻水が吸える角度を探してやるというちょっとしたコツが必要なので、使ってみて全然吸えないな~と諦める前に、角度を変えてみるなど試行錯誤して欲しい。

あと、それ程強力に吸い出せる訳ではないので、耳鼻科に行って鼻水を吸って貰うほどの効果は期待出来ないのだけれど。

 

 <注意点>

使用上の注意としては、使用後に中身を綺麗に洗浄することと、息を吸い込む構造であるために、風邪の菌やウイルスに感染するリスクがあるということだ。寝ぼけていると、鼻を突っ込む方をくわえたりすることも(汗)

使った後には器具を洗浄することと、自分もうがいすることくらいは徹底しておいた方が良い。

材質がPPやシリコーンゴムで作られているので、煮沸消毒なども可能であると思う。まあ、毎回は面倒なので、おとーさんの家でもやってはいないが。

あと、シリコーンゴムのチューブは、半年ぐらいで色が付いてきてしまうので、定期的に買い換える必要はありそうである。

 

ただ、鼻水が詰まった状態を続けると、中耳炎になってしまう子供もいる。だから是非、こうした器具を使って鼻水を吸ってあげて欲しい。こまめにやってあげれば、中耳炎になる頻度を下げてあげることが出来るのではないかな?

残念ながら、おとーさんの家の子供達はみんな中耳炎を体験しているがorz

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に