加湿器と言えば

寒い季節が到来しようとしているけど、そろそろ湿度にも気を遣いたい季節になってきたよね。
家庭内で理想とされる湿度は、諸説はあるんだけど、50~60%程度だそう。

そんなわけで家でも加湿器の準備をしなければならない季節になってきたんだけど、面倒だよね。ちょっと前に買った加湿器がボネコの加湿器をそろそろ出そうかな~と思っているんだけど。

加湿器が来た!




残念ながら、この型の加湿器は既に生産していないらしいので、現行の製品は下の2機種。

新品価格
¥49,800から
(2010/9/30 16:51時点)


新品価格
¥25,980から
(2010/9/30 16:54時点)

上の方の2055Dは機能満載でお値段はそれなり。
下の方の1355WHは機能を省いた廉価版という感じ。

何れも気化式と呼ばれる加湿方式なんだけど、気化式の加湿器ってのもやっぱり万能という訳にはいかなくって、メリットとデメリットがあるんだな。


<メリット>
  1.  加熱部がないので熱くならない
  2.  ディスク式なのでフィルターが不要
  3.  シンプルで操作が簡単
  4.  シンプルなのでお手入れが簡単


<デメリット>
  1.  ディスクの洗浄が必要(使っている人によると週に1度くらいはやるのが良いらしい)
  2.  大きく、割と重いので、持ち運んで使う用途には不向き
  3.  大きいので、置き場所に困る
  4.  水が入っている状態で搬送しようとすると、水がこぼれる


家でも愛用している2055Dと同型のモノは、とっても快適。

まあ、上に挙げていないデメリットとして、1週間に1度くらい水を交換しないと、室内の埃やカビが水を溜める部分に集まってくるせいで、水が濁り異臭を放つって奴がある。
これ、空気を綺麗にしてくれているという事なんだろうけれど、腐った水で加湿していては健康には悪いよね。

一応、水を溜める部分には銀のスティックが入っていて腐敗防止に役立っているらしいんだけど、やはり限度というモノはあるわけで。
10円玉(銅)を入れておくとちょっと長持ちするので、お勧めだよ~。

でも、基本はこまめな掃除かな?週1くらいでやるとベター。

試しに放置したことがあったんだけど、1月放置すると、色々と埃が混じって臭いもきつくなってくる。よって、1シーズンに最低2回くらいは掃除したいところ。まあ、こまめに掃除できる方でないとちょっと、という商品だよね。

とはいえ、超音波式や加熱式の加湿器であっても、カルキや水垢が溜まってしまうので、掃除の手間としてはそれ程大差ないと思っている。

フィルターを買い直す必要がない点も利点としては大きいよね。
もっとも、羽根を外して掃除ってのは、それなりに面倒なんだけど。今度、掃除の手順なんかをアップしようかな?


本格的にインフルエンザが流行し始める前に、加湿器の導入を検討すると、イイと思うよ?




このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に