食洗機 ~~検討編その1~~

「食器洗い乾燥機問い選択肢」なんて記事を書いたが、具体的に食洗機を検討しなければ、あんまり面白味はないよね。

そんなわけで、おとーさんが真面目に購入候補の食洗機を検討していこう。


早速調べてみる訳だが、人気の具合なんかを調査するためにはどうしたらいいか?実際に、聞き込みに行っても良いのだが、ここはお手軽に価格.comのランキングを利用してみる。


ほほう、パナソニックが圧倒的ですな(2010/11/23現在)

価格的に安いのが、人気なのは当然として、満足度ランキングにお値段がちょっと高い東芝のDWS-600Cが入ってきているのも、何となく気になるところ。
取り敢えず、やっぱり売れ筋のが気になるよね。

□■□ パナソニックNP-TR3 □■□
現在、パナソニックのサイトに食器洗い乾燥機としてラインナップされているのは、NP-TR3とNPーTM3の2つ。イメージ的にはNP-TR3の廉価版がNPーTM3ってことなんだろうか?
まあ、両方ともランクインしてくるのは見事としか言いようがない。
価格的に安いというのが魅力的なんだろうねぇ。

型番の最後のWは色を表すらしいので、このブログではNP-TR3と言うことにしてはなしを進める。
<商品の売り>
売りは、4つらしいのだが、7点くらいあったので書き出してみた。
  1. 「エコナビ」搭載で、食器量や汚れ具合に合わせて運転するので節水・省エネになる。
  2. 「80℃すすぎモード」を採用しているので、油汚れが落ちやすい。
  3. 「パワー除菌ミスト」で汚れを浮かして落とすので、洗った食器が綺麗。
  4. 隅々まで届く4つの強力水流ノズルで、清潔に洗える。
  5. 食器点数53点の大容量洗浄が可能。
  6. 運転時の騒音が約36dBの低騒音設計。
  7. 設置しやすいデザイン。
なかなか頑張っている印象なんだけど、こう言うのは大抵割り引いて考えなければならない。
<口コミの印象>
価格.comのレビューとかAmazonのレビューなんかをさらってみて、実際にどの程度の実力なのか噂を調査する。
まあ、主観的なレビューなのでこれを鵜呑みにするのは危険なのだけれど、参考にはなるだろう。
・ 洗浄力
割と高評価のようだ。やはり、力を入れているだけはあると思う。ノズルが4つにミストという選択肢は割と良い模様。
・ 静粛性
こちらも概ね評価は高い。36dBだと、人の話し声を遮らない程度の音だと言うことになる。深夜に使う事を前提にするのなら、割と重要なポイントだと思う。
・ 収納力
さんざんな評価である。メーカーのサイトの説明と、使用者の実感ではかなり差がある模様。特に深皿が多い家庭では評価が低く、以前に食洗機を使っていたユーザーの評価も低い模様。6人分、とあるが割り引いて考えるべきだろう。
レビューを読んだ限りでは収納用の籠に問題があるようだ。収納籠の自由度が低いために、食器を入れにくいという事らしい。
・ 省エネ性能
人によって評価が分かれるようだけれど、過剰な期待は禁物であるということらしい。

取り敢えずはこんなところで。
この手の商品は相対評価するところに意味があるしね。

コメント





このブログの人気の投稿

ハンドブレンダーをオススメ

エーハイム2213、呼び水でホースを口で吸うのが嫌な人の為に