投稿

【マイホーム特集】家を建てる前に その2

イメージ
まだまだ準備編なのだけれど、「その2」として説明を続けていこう。【マイホーム特集】家を建てる前にここには「その1」のリンクを紹介しておきたい。
住宅展示場の間取りは参考にならないえ?「住宅展示場」に行けって言ったよね?と、驚かれると思う。 新版 住宅展示場では教えてくれない本当のこと。posted with カエレバ 澤田升男 ザメディアジョン 2017-12-20 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 7net だが、住宅展示場に建てられている建物は、「見せるため」かつ「事務所として」にデザインされたもので、「暮らすため」に作られたものではない。だから、そのままのレイアウトは暮らすためには使いにくい。
ただ、部分的には参考になるので、見て回る分には結構楽しい。参考になるのは少しだけかな。ともかく、住宅展示場で見て回れるのは、部分的、例えば床にはどんなものを使っているか、とか、トイレはどんなものを使っているか、とか、浴槽はどうなのかとか、階段はどうなのかとか、そういう話なのである。
そして、前の記事にも書いたが、住宅展示場の営業マンが出してくれる間取りも、あまり参考にならないわけである。
土地を探すにあたってやりたいことを前面に出して土地を探そう「家を建ててなにをやりたいのか」ということを最初に考えて欲しいと書いたが、これは、「優先順位を付ける」と言う事でもある。
何故か?
これは、土地を探すにあたって重要なことだからである。例えば、「日当たりの良い客室が欲しい」と考えた場合には、南向きの窓のある場所に客室を設ける必要があるわけだが、「南向きに道路に面する土地」と「北向きに道路に面する土地」とでは、考えられる間取りが異なるし、周囲の家の状況も客室の設計を左右する。つまり、「家を建ててやりたいこと」によって、必要な土地は変わってくるのである。単に、土地の値段が安いから、という理由で土地を買うと、家を建てる段階になって色々と困ることも出てくる。土地を買う条件は、「駅から近い」とか「学校に近い」とか、「近所に好きなお店がある」とか、そういった理由意外にも、色々なファクターがあるのだ。だからこそ、最初に「家を建ててなにをやりたいのか」を考えるべきなのである。
もちろん、生活しているうちにやりたいことも変化してくることもあるので、何処まで拘るのか、も考慮しておく必要はある。
土地にあっ…

【マイホーム特集】家を建てる前に

イメージ
さて、何故このブログで「マイホーム特集」なるものを書き始めたか、について。最近、このブログのアクセス数が減っている。そのことと、記事掲載頻度が減っていることは因果関係があると思う。正直、「家で使っているアイテムを紹介」というテーマは、家事に積極的に参加している段階では色々ネタが見つかるものだが、忙しくなってくるとネタを探すにも一苦労といった側面がある。で、新たなネタとして考えたのがマイホームの話。
早い話、ネタ切れなのだ(苦笑
さてさて、我が家は築10年ということもあって、そろそろ見直しを含めて色々メンテナンスについて考えなければいけない時期に来ているのだが、そうした時期に来て始めて、「こうしたら良かった」と考える部分もそれなりに出てきている。これが、「これからマイホームを建てたい」という人には、もしかしたら参考になるのかな。と、そんなことを思った次第。
そんなわけで、「マイホームを建てるには」というテーマでこれから数回にわたって記事を書いていきたいと思う。「これから家を建てたい」という人の参考になれば、と、そう願いながら。
マイホームを建てようマイホームは建ててはいけないのか?さて、家を建てる前にこんな書籍を紹介しておこう。 誰も教えてくれない! マイホーム建築の罠posted with カエレバ 佐々木孝 太陽出版 2015-12-15 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 7net 買ってはいけない家と土地posted with カエレバ 髙橋 輝 自由国民社 2015-12-16 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 7net 色々な書籍が出ているもので、マイホームを持つことを否定する人も世の中にはかなりの数がいる。そうした考えを反映している本も多数ある。
「家を建てたい」と思った人は、この手の本を読んでも良いし、読まなくても良い。ただ、1つのことは理解しておいた方が良いと思う。「家を建てても幸せになれるとは限らない」ということだ。
また、両親や親戚の考えを耳にすることもあるだろうが、そうした外野の声は参考になるものの、最近家を建てた事がある人の意見以外は、「参考にします」程度に留めておいた方が良い。何故って、多くの場合が参考にならないからだ。何故ならば、家をめぐる常識が、「変わらない部分」もあるけれど、多くの場合が「変化している」から。昔の常識は今の非常…

2018年度の購入目標:カメラ

イメージ
さてさて、「一年の計は元旦に有り」というけれど、年始に計画をたてることは重要である。そして、計画は具体的であればあるほど実現性が高い。
荒唐無稽な絵空事を思い描くのでは無く、実現可能な目標とその目標達成プロセスを描いておくことこそ、夢に近づく第一歩と言える。

とまあ、偉そうなことを言ったところで、「欲しいものを買いたい」というそれだけの話である。

で、今年の目標は何かというと、取り敢えずは壊してしまったカメラかな。

一眼レフを買うんだ Kiss X9 カメラを壊してしまって、今はコンデジを借りて使っている状況ではあるのだが、これが非常に使いにくい。
いや、コンパクトで小回りが効くというメリットはあるんだけど、「被写体を撮りたい瞬間に撮る」ということがやりにくいんだよね、コンデジって。まあ、安物のコンデジだから、という理由も大きい気はするんだ。でも、写真撮るならばもう少し高性能なものが欲しいのが本音。

だから、一番欲しいのは一眼レフカメラ。

で、レンズが生きていることを前提に考えるとKISS X9辺りが狙い目だと考えている。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9
posted with カエレバ キヤノン 2017-07-28 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 7net これを選んだ理由はいくつかあるのだけれど、1つはX2の時代に使っていたレンズが使えると言う点。まあ、それでも2本しかレンズを持っていないので別に乗り換えたところでダメージは少ないんだけどさ。
ただ、使い勝手的にも後継機種を選んだ方が色々と嬉しい。
性能的にもX8iかX9辺りが欲しいと思っている。バリアングル液晶とWi-Fi / NFC対応という点でも惹かれる点は多いんだよね。

ただまあ、お値段的に7万円程度と、僕のお小遣いで買うには少々荷が重い。加えて、最近アフィリエイトの収入が激減していることもあって、毎月積み立てたとしても、今年中に買えるかどうかは怪しいレベルである。
アフィリエイトの収入だけで買えるという目標を立てておきたいんだけど、去年一年間の実績を考えても到底足りない。この辺りの分析は、別の記事でやろう。

対抗馬はM3 資金面はさておき、同じ価格帯で対抗馬として考えられるのがこちら。
Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 ダブルレンズキット
pos…

あけましておめでとうございます

イメージ
さて、今年もこのブログは継続していく予定なんだけれど、先ずは新年のご挨拶を。松の内も過ぎてしまったけれども、あけましておめでとうございます。
で、去年の1月頃は何を書いていたのか?と気になってみてみると、こんな記事が。今年の購入目標:スキー編今年の購入目標:冷蔵庫を買いたい今年の購入目標:NASを買いたい
……あ、うん。
結局、この中で買ったのはスキーブーツだけだったなぁ……。 HEAD(ヘッド)【606170】16-17 スキーブーツ NEXT EDGE 75(ネクストエッジ75)White×Black 27.0posted with カエレバ HEAD Amazon 楽天市場 HEADのブーツはそれなりに優秀で、足にもフィットしてくれた。フレックスは100くらいが良いなー、とか思っていたのだけれど、結局、型落ちの初級者向けフレックス75くらいのものを買った。
ショートスキーまでは手が出なかったので、今年の目標はそのあたりかな。 ROSSIGNOL(ロシニョール) ショートスキー 2018 SHORT 7 + Xpress 10 ビンディング付 rossignol 17-18 スキー ショートセブン 【L1】posted with カエレバ ROSSIGNOL(ロシニョール) Amazon 楽天市場 ELAN(エラン) エラン スキーボード 2018 FREELINE CAMO 99cm + EL 10.0 SHIFT 調整式ビンディング付 フリーライン ファンスキー 17-18 elan スキー板 【L1】posted with カエレバ ELAN(エラン) Amazon 楽天市場 このあたりだろうか?
年明けにスキーに行ってきたが、カービングスキーを借りて滑ってみた。でも、しばらくショートスキーに乗っていたので、曲げるのに一苦労。やっぱりショートのほうが楽ではあるんだよね。ただ、カービングスキーもなれるとかなり楽しかった。……ただ、アレを運ぶとなるとやっぱりシンドイので、ショートがほしいなぁ。
ランキングへの応援クリックよろしく!